新潟県新潟市訪問美容フクロウのシャンプー紹介

今回はフクロウオリジナルシャンプーの紹介記事となります。

シャンプーに関しての基本的な成分情報などは下記をご覧ください。

本文の前に少しだけ自己紹介させてください。

新潟市で訪問美容をしている斎藤真輝といいます。

合格率2%業界最難関試験ヘアケアマイスター保持者です。

いろいろな情報が行き交っている時代ですが、多少は信頼して頂けるのではないかなと思っております。

シャンプーの特徴

界面活性剤の種類と配合

敏感な頭皮を想定して界面活性剤は全て植物由来100%のものを使用しております。

低刺激で更にヘアケア効果もあるタウリン系界面活性剤をベースにしましたが、泡立ちの悪さがタウリン系の大きな欠点でした。

それを解消しモチモチした泡で髪を優しく洗えるように、べダイン系界面活性剤等も一定の割合で配合する事で低刺激で泡立ちも最高レベルの商品が完成しました。

白金ナノコロイド


プラチナナノコロイドという還元力のある白金(プラチナ)を水溶液状にした成分が配合されております。

成分表を見ると確かに【白金】と記載があります。

このプラチナナノコロイドには酸化を抑制する効果があるとされています。

髪が酸化することは、老化現象が促進されることにつながります。

そのため髪に起こる老化現象である、「髪が細くなる」「乾燥する」「抜け毛が増える」「白髪が増える」といった症状が出やすくなるわけですね。

それらを緩和する効果がある成分が白金ナノコロイドとなります。

トリートメントの特徴

Wラクトン

ドライヤーやヘアアイロンの熱に反応して、髪のキューティクルのめくれや剥がれを抑えます。

熱を与えながら、キューティクルを整える感覚で手ぐしを入れながら乾かしていただけると、更に綺麗に仕上がります。

結果的に『うねり』『絡まり』『まとまらない』などのお悩みを改善し、パサつきを抑えたサラサラな髪になっていきます。

時間と共に変化するホワイトティーの香り


最初は新鮮なフルーティーの香り。

それからホワイトローズの香りを経て、品のあるクリスタルムスクの香りへ変わっていきます。。

香りの変化を楽しみながら1日をお過ごしください。

余談

過去のブログでご説明したように、残念ですが全ての人に適したシャンプーというものは存在しないと思っております。

なぜなら年齢、性別、ライフスタイルなどで皮脂量等が全く違ってくるからです。

フクロウシャンプーも勿論そうです。

繰り返しになりますが、当シャンプーは刺激を極力抑えた仕上がりになっております。

なので正直申し上げて、若い男性やスタイリング剤を多用する方向きのシャンプーではありません。

反面、年齢を重ねて皮脂量が減少した方や乾燥肌、敏感肌の方には自信を持ってお勧めできるものとなっております。

そうした低刺激のシャンプーは今まで泡立ちに難があるのが問題点とされてきました。

フクロウではその問題をべダイン系界面活性剤等の配合により解消し、強洗浄力のシャンプーと比較しても遜色ない泡立ちに仕上げることに成功しました。

トリートメント効果も優秀でサラサラで気持ちよく1日が過ごせる仕上がりになります。

フクロウでは基本的に今回ご紹介したフクロウシャンプートリートメントを使用して施術しております。

ご利用者様は仕上がりの質感の違いなども是非お楽しみください。

 

ここからは私事になりますが、私は乾燥肌で洗浄力の強いものを使用すると乾燥性のフケが出る体質でした。

仕事の日だと朝、晩と一日二回シャンプーするので尚更ですね。

それがこのシャンプーを使い始めてから、痒みもフケも気にならなくなりました。

乾燥性のフケと言っても雑菌が原因だったりターンオーバーの異常が原因だったりと、原因は様々になりますので一概に絶対に効果がある!とは言えませんが。。。参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに菌が原因のフケや皮膚疾患の場合は薬用のシャンプーが有効になります。

フクロウシャンプーから少し話が脱線してしまいましたが日々のヘアケア、その元となる頭皮ケアのお力になれたら嬉しく思います。

試供品もご用意ありますので、気になった方はお気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

  1. 新潟市訪問美容フクロウ 【動画編】訪問美容体験講習会

  2. 新潟市訪問美容フクロウ【美容組合西支部より感染防止取組店の検…

  3. 新潟市訪問美容フクロウの髪の悩み相談室【ミノキシジル編】

  4. 新潟市訪問美容フクロウ新潟市暮らしのガイドに掲載させて頂きま…

  5. 新潟市訪問美容フクロウの髪の悩み相談室【シャンプー編】

  6. 新潟市訪問美容フクロウの髪の悩み相談室【頭頂部、トップのボリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。